印鑑について知るためのサイトです!

 

印鑑お手入れ方法

印鑑の印面のお掃除ですが、印鑑を押した後は、余分な朱肉がついていますので、印鑑を使い終わったら、すぐに拭き取りましょう。
余分な朱肉を拭き取らず、そのままの状態にしておくと、朱肉が固まり印鑑の劣化の原因となり、外枠が欠けたりの原因になります。

本象牙
天然物の中でも乾燥等によるヒビ割れに強く、お手入れは水で洗ってもいいですが、その時は水分をきれいに乾いた布でふき取り、日陰干し(直射日光を避ける)の状態であれば汚れや、ほこりはきれいにとれます。光沢を出したいと思われたら、湿った布でほこりなどをふきとり、その後、家庭にある白い色の光沢剤(ワックス)で磨かれた後、布のきれいな部分で軽くこすられたら輝きは戻ります。
象牙は、正倉院のぎょ物に今でも残っているぐらい変化せず、古来よりサンゴ、べっ甲と並ぶ自然の与えた貴重な財産として愛用されてきました。 大切に保存することにより一生お使いいただける印鑑材料です。

オランダ水牛(牛角)
黒水牛・オランダ水牛の角は中心に芯のあるもの(芯持ち)が高級とされています。(頂点にある爪痕のようなものが目立つ芯もありますが高級印材の証です。)空気が乾燥すると、この芯にむかって凹みが生じ易いので年に1度は(特に冬場)オリーブオイルや菜種油などの天然オイルを、印面に1,2滴落として軽く拭き取って保管しておきましょう。
乾燥は、ヒビ割れの原因にもなりますので、金庫等なるべく外気と触れない冷暗所に保管をお願いします。

黒水牛
天然の素材ということもあり、黒水牛は乾燥にとてもデリケートな印材です。保管環境に対しても、太陽光や照明の下に長時間あたりますと簡単にヒビ割れすることがあります。ケースに入れて金庫等の冷暗所に大切に保管して下さい。エアコンや冬期の乾燥には特にご注意頂き、オリーブオイル等でお手入れ下さい。

パワーストーン
運気アップに効果あり?占い好きな女性やオシャレ好きな男性に人気なのがパワーストーンを利用した印鑑。他の素材と決定的に違うのは色が鮮やかで模様が多種多様なところ。パワーストーン印鑑なら注目度は抜群でしょう。


柘植
柘植は朱肉の油分が染み込むと印鑑の枠等がもろくなりやすいので、ご使用後は必ず柔らかな布で優しく拭きとってください。印影が映りにくい場合は歯ブラシで軽く磨いてください。(木材の場合は水に濡らさないようにして下さい)

チタン
指先の脂や水分、汚れ等・・触れることによって、整列していたプリズムが様々な方向に屈折していきます。 当然、屈折していくことにより、当初の輝きから、徐々にくすんでくるように見えてしまいます。 しかし、ベンジンやエタノール等の家庭で手に入るアルコール系の溶剤にて拭き取っていただくと、大変綺麗になり当初の輝きを取り戻すことができます。
印鑑をご使用後は、印面の朱肉を拭き取ると共に、ボディ部分も拭いていただきますと、再度屈折が整えられ発色の復元が期待できます。

recommend

Last update:2016/3/24