印鑑について知るためのサイトです!

 

印鑑登録は各自治体の「印鑑条例」に基づいています。

住民登録されている市区町村役場に登録する印章を持参して申請手続きをします。 この印鑑登録する印章のことを「実印」と呼びます。

実印は、”本人であること”の身分証明となり、 あなたの権利や財産を守る、とても大切な印鑑です。
実印の用途は、婚姻届、不動産の購入、各種ローンの設定、保険加入、海外旅行の準備、 遺産の相続といった、重要な契約時に使用します。

実印登録の条件とは?
  
・住民基本台帳(外国人の場合は外国人登録原票)に登録されている満15歳以上の方が一人一個に限り登録できる。
・フルネーム、または姓、名のいずれか、および氏と名の一部を組み合わせたもの。
・印影の大きさが直径8ミリ以上25ミリ以内の正方形におさまるもの。
・素材はゴム印、プレス印など変形しやすいものを除く。
・その印影が鮮明であるもの。 ・・・などが条件です。
 ※この他、市町村によって登録条件にいくつかの相違がある場合がありますので、詳しくは市町村へ直接お訪ねください。

実印登録手順
住民登録されている市町村役場へ実印として登録する印鑑を持参し、備えつけの印鑑登録申請書を記入し、登録する実印と共に窓口へ提出します。
申請が済むと、実印が登録されます。実印登録が完了すると、窓口で「印鑑登録証」というカードが交付されます。 このカードさえ持参すれば、登録している実印がなくても、 各種契約時など必要なときに、「印鑑証明書」を発行してもらうことができます。

印鑑証明書の交付
窓口で印鑑登録証明書交付申請書に必要事項を記入し、登録申請証と一緒に窓口へ提出します。印鑑登録証の掲示がなければ、たとえ本人でも交付はできませんが、 印鑑登録証を持参すれば、代理人でも委任状なしで、登録者の住所・氏名・生年月日がわかれば交付が受けられますので、免許証や保険証などとは一緒に保管しないように注意しましょう!

その他
実印を変更(=改印)した場合、以前の実印で行った契約などはどうなるだろう?
その契約を結んだときに、どのはんこが実印として登録されているかが 問題となるためです。
何も影響しませんのでご安心ください。

※登録した実印から、新しい実印への変更は何度でも可能です。
※結婚時や転職時など、人生の転機となるときに、実印を作り変えることが多いようです

Valuable information

巷で噂のグリーンスムージーをランキングでご紹介!

最終更新日:2017/8/7

pickup